体について~パート2(糖質)~

体について~パート2(糖質)~

こんばんは!

今回は前書いた栄養の続きを書いていきます。

前回

その前にぜひ見てほしい動画があるので紹介します!

大好きな動画

とりあえず2つ!

冒頭部分では少し嫌悪感を感じましたが、見るにつれてDJ社長のもつワールドに引き込まれていきました。

聞いていてはっとさせられ、挑戦する大切さ、やり続けることの重要さを問いてくれています。

現状や将来に不安を持っている人にぜひ見てもらいたい動画です。

ちなみにDJ社長がトップとして活動しているレぺゼン地球はいい曲も出しているのでそちらもぜひ見てみてください!

おすすめ曲お前へ

少し前にヒュー・ジャックマンが出演したことで知られる映画「This is me」で歌われる曲の初披露時の映像です。

見終えたとき、心の底から震えたつものを感じました。

歌のもつパワー、感動を伝えるプロフェッショナルのすばらしさを痛感しました。

最近、心から感動する経験をしていない人におすすめです。

 

以上、大好きな動画でした。自分の大好きを共有してくれる人がいてくれると嬉しいな。


今回書く栄養は…

前回、食物繊維について記事を書きました。読んでくれた人ありがとうございます。

今回書くのは…糖質についてです。

前回同様内容自体は基本的知識を中心に書くので、「もう知ってるよ」という人もいると思います。ご承知おきください。

糖質とは…

炭水化物から食物繊維を除いたものをいいます日々の活動をするにあたっての「エネルギー」の元になります。

糖質をさらに細かく分類すると、単糖類、二糖類、多糖類に分かれます。

単糖類

単糖類とは、糖質になりうる最小単位で構成されている仲間です。ブドウ糖や果糖などがここに含まれます。

二糖類

二糖類とは、単糖が2つ結合したものです。

スクロースやマルトース、ラクトースなどが含まれます。

多糖類

多糖類は、単糖やそれ以外のものが多数結合したものです。

でんぷんやグリコーゲンなどが含まれます。

 

単糖類、二糖類、多糖類の違いはグルコースの量と吸収速度です。

吸収速度は、単糖類が一番早く、多糖類が一番遅いです。

糖質と糖類の違いについて

みなさんもスーパーで買い物をしているとき、「糖類0!!」と表示した食品を見たことがある人がいると思います。

食事に気をつけようと思い購入した人は、本当の糖類0の意味を知っていますか?

糖質と糖類は同じではありません。糖類とは、上記で説明した単糖類と二糖類を総称したものです。

つまり、糖類0だからって、糖が含まれていないことにはならないのです。

1日の摂取目安量

厚生労働省が出した糖質における摂取基準は記載されていませんでした。

これはミスとかではなく、肝臓や腎臓がおこなう、「糖新生」がカギを握っていました。

糖新生とは、必要に応じてアミノ酸や脂肪などから糖の代替としてグルコースを生産することです。

想像してほしいのですが、ライオンは肉食動物ですよね。糖は摂取しません。

もし、糖からしかエネルギーが抽出されないのであれば、獲物を捕まえる前にパワーダウンしてしまいます。

しかし、ライオンも糖新生をすることにより、アミノ酸などからグルコースを生産して、エネルギーにしているのです。

糖質は取りすぎたら糖尿病や肥満、精神疾患など患う可能性が高くなりますが、もし、取らなさ過ぎた場合でも、その問題を打破するための手立てはライオン同様、人間にも備わっているのです。

近年はやっている「糖質制限」ですが、その原理で行くと「糖質摂取しなくても平気じゃん!!」って思う人もいると思います。

ただ、それだと危険性が高くなります。

糖新生は糖新生するための材料がないとできません。つまり、たんぱく質や脂質を十分に摂取する必要があります。

なので、糖質制限+カロリー制限をしてしまうと、筋肉までも分解されてしまいます。

ダイエットに筋肉は不可欠なので、(このことについては別の記事で書きます。)質の悪い痩せ方になってしまいます。

すると、リバウンドのしやすい体に…


おわりに

何事もそうですが、糖質も採りすぎ採らなさすぎはよくありません。

自分の生活強度を確認しどれぐらい摂取すればいいか考えてみてはいかがでしょうか。

糖質は決して悪ではありません。糖質を味方につけて生活できるようになれたらいいですね。

それではまた!

 

栄養カテゴリの最新記事